【お名前】 hiro
【部門】 川崎市
【タイトル】 いつかの千鳥町
【コメント】 フェンスが立つ以前、歩道から見上げるこの光景が好きでした。あたりまえですが、線路に入るのはやめましょう。


【お名前】 kiboki
【部門】 川崎市
【タイトル】 金夜景
【コメント】 ずーっと見ていて飽きない場所。

 

【お名前】 mkk
【部門】 室蘭市
【タイトル】 豪華絢爛
【コメント】 室蘭市のシンボルを一枚の写真におさめました。

 

【お名前】 四日市彩発見
【部門】 四日市市
【タイトル】 RED STREAM
【コメント】 堤防の上から撮っていると、ちょうど会社帰りの時間。走り去ったあとには、赤い光の帯が記録されていました。

 

【お名前】 マーサン
【部門】 北九州市
【タイトル】 眠らない工業地帯
【コメント】 写真が趣味で 三菱化成の夜景を撮ってみました。


【お名前】 705
【部門】 川崎市
【タイトル】 躍動
【コメント】 夜も休まず動き続ける工場。日本経済をささえているんだなあ深く思った。この躍動感ある景色を表現できたらと思いました。


【お名前】 たっちゃん
【部門】 北九州市
【タイトル】 広がり
【コメント】 奥洞海湾の有名な撮影スポットから魚眼レンズで工場夜景を撮影してみました。色温度補正を実施しています。


 
 
【お名前】うえみー  【お名前】Cheetah 
【部門】川崎市  【部門】川崎市 
【タイトル】光輝くコンビナート  【タイトル】要塞 
【コメント】コンビナートや煙の質感を増すためにHDR(ハイダイナミックレンジ)加工をしています。  【コメント】闇夜に浮かぶ未来都市の要塞のようでした。 

 
 
 

 
 
【お名前】SATOMI  【お名前】Rumi 
【部門】川崎市  【部門】川崎市 
【タイトル】暖色工場  【タイトル】初めて撮る工場夜景 
【コメント】フレアがお気に入りです。  【コメント】工場夜景には以前から興味があり、チャレンジしてみました。場所を変え、その度に何度も撮りました。静かな夜に明かりが冴え、なんとも幻想的でした。 

 
 
 

 
 
【お名前】ucchi  【お名前】キセ 
【部門】川崎市  【部門】室蘭市 
【タイトル】真夜中の煌き  【タイトル】薄紫色に染まるプラント群と蝦夷富士 
【コメント】真夜中に働いている方以外は普通は見ることが出来ない光景です。さらに、肉眼では見えないものも写真には写ります。  【コメント】日没と同時に輝きを増すプラント群。薄紫色の残照に浮かび上がる残雪の羊蹄山。北海道らしい大自然と近未来的な工業地帯が調和している室蘭ならではの光景です。 

 
 
 

 
 
【お名前】KIRIN  【お名前】masao 
【部門】室蘭市  【部門】室蘭市 
【タイトル】黎明の頃  【タイトル】ありがとう室蘭 
【コメント】CANON EOS 40D TOKINA AT-X16 PRO DX 11-16 F2.8 ASPHERICAL L=16mm : F8.0 -1EV : SS=2sec : ISO-100 : WB/4200k  【コメント】ここは住宅街の空き地からの撮影です。なぜこんな素敵な所が空き地になってるのか。きっと少し眺めるならどうぞ!と室蘭が言ってるようです。 

 
 
 

 
 
【お名前】Ryo  【お名前】soybean 
【部門】四日市市  【部門】四日市市 
【タイトル】黄昏の四日市コンビナート  【タイトル】払暁 
【コメント】コンビナートに明かりが燈るころ、青空に積乱雲が赤く染まり、水面を青と赤に染める。  【コメント】太陽が顔を出す直前です。ヨットのシルエットが浮かび上がり、空のグラデーションも綺麗です。 

 
 
 

 
 
【お名前】mametaro  【お名前】名古屋のまさやん 
【部門】四日市市  【部門】四日市市 
【タイトル】工場燃え  【タイトル】夜景ロード 
【コメント】あえて「燃え」とタイトルをつけました。四日市で夕景の工場風景は地理的に難しいのですがうまく雰囲気が出せたと思います。  【コメント】工場夜景を観る場所は、暗くて少し怖い場所が多いのですが此処は明るくてとても良い環境です。 

 
 
 
 

   
【お名前】ponichi     
【部門】北九州市     
【タイトル】動脈     
【コメント】複雑に絡み合うパイプはプラントの動脈     

   
すべての応募作品はこちら

「工場夜景・美の祭典」フォトコンテストの概要についてはこちら
川崎市観光協会Facebook